2010年2月28日日曜日

池上英子



池上英子 キラジャパン代表

米国NYにあるNew School大学院社会学部長、教授。専門は比較歴史社会学、理論社会学、文化社会学。非西洋社会がが、欧米とは異なる近代をどのような歴史的道筋で築いてきたかを比較研究。最近は仮想世界の文明史的意味にも興味をもっている。

日本経済新聞社勤務などをへてフルブライト奨学金を受けて渡米し、1989年にハーバード大学社会学で博士号を取得。プリンストン高等研究所、ニューヨーク公共図書館の学者作家センターなどのフェロー、京都大学人文研究所客員研究員、エール大学の准教授などを歴任。著書に、「Taming of the Samurai](ハーバード大学出版、「名誉と順応―サムライ 精神の歴史社会学 」NTT出版)などがあり、近著、「Bonds of Civility」(ケンブリッジ大学出版会、「美と礼節の絆 日本における交際文化の政治的起源」NTT出版 )は、ジョン W. ホール著作賞(全米アジア学協会)、文化社会学最優秀著作賞、政治社会学最優秀著作賞(米国社会学協会)など、各種分野から5つの賞を受賞した。日本研究者、社会学理論家として世界各地で講演活動なども行っている。

キラ研究所にはその創設以来関わり、現在は理事。またキラ研究所の日本支部であるキラジャパンの代表をつとめる。
セカンドライフでは、Kiremimi Tigerpaw と名乗っていて、「遊び」とコミュニティ活動の両方に興味を持っている。仮想空間を市民活動や学際的活動に活用するため、SLを使った国際会議なども開催している。