2009年3月25日水曜日

ReLaM: Relocatable Laboratories in the Metaverse

ReLaM:メタバース空間を移動する実験室


担当:Piet Hut, Stephanie Smith, Rob Knop, George Djorgovski, Adam Johnson開催時間:毎週水曜日 午前9時(SLT/PDT)
言語:英語
メディア:テキストとボイス・チャット


※こちらは、MICAとキラ研究所の共同ワークショップです。(http://www.mica-vw.org/)

ここで言う、他空間へ移動可能な実験室とは、あるヴァーチャル空間に保管された3Dの情報やスクリプトを異なるヴァーチャル空間に移行できるということだけでなく、実験室そのものを、3Dでさえない、特定の表現方法にとらわれない創造物として考えてみる必要があります。

 このワークショップでは、ヴァーチャル空間における設計や科学実験室の使いかたが今後、どうあるべきかを検討していきます。当然、分野によって要求される実験室の中身は異なるのですが、一方、どの分野にも共通するものも多々あります。そこで、このワークショップでは異分野の科学者に集まってもらい、ヴァーチャル空間での実験室の建造がどうあるべきかを協議することにしました。


もっか、バーチャル実験室をつくるには、ある特定のバーチャル空間を選択し、その空間に備わっているツールで必要なものを建造していく、というやりかたが唯一の方法です。が、この方法をとると、いくら時間をかけて作ったものも、そのヴァーチャル空間が主流でなくなったり、空間そのものがサポートされなくなった場合、すべて無駄になってしまう可能性があります。グーグルのLively空間が、発表後半年で霧散してしまったことは記憶に新しいところです。


つまり、費やした時間と労力を無駄にしないためにも、どのヴァーチャル空間にも移行できる実験室を建てることが必要で、それがこのワークショップのテーマです。この問題は、一見簡単そうに見えますが、ソフトウエアの互換性といった純粋に技術的な問題から、ネットワーキングを通じて標準化の合意づくりをする、知的財産権などの法的な問題のクリアするなど、多くの複雑な問題をはらんでいます。





[原文]

The following weekly workshop will be offered jointly by Kira and MICA (http://www.mica-vw.org/)

'Transporting relocatable laboratories to other worlds' means thinking about more than moving 3D inventory and scripts around.  Perhaps it is more important to think of a relocatable laboratory like Batman -- a creation that is representation-agnostic and not necessarily in 3D.

In this weekly workshop we will discuss the future construction and use of scientific laboratories in virtual worlds.  While each branch of science has its own requirements for building laboratories, there are also many similarities.  Therefore, it makes sense for scientists from different fields to work together to develop ways to construct virtual laboratories.

Currently, the only way to build a virtual lab is to pick one specific virtual world, and to design all the components of the lab using the tools that are specific for that world.  This means that the huge investment required may not pay off for very long, if that particular world falls out of favor of the users and/or the company running that world decides to discontinue that world (as we saw with Google's Lively, which closed already half a year after it opened...).

Therefore, a major requirement for serious work by scientists in virtual worlds is to develop ways to build laboratories that can be relocated, from one virtual world into the next.  We will discuss the many complex issues that are involved in this simple-sounding question, from purely technical issues (software compatibility) to human networking issues (how to get people to agree on standards) to legal issues (intellectual property rights).