2013年1月3日木曜日

2013.1.9 Yo Haiku 哲学入門セミナー「純粋経験」4

「哲学入門セミナー」23

1 人には、解釈や既成観念なしの純粋な経験が可能なのか

私たちの経験を振り返ってみると、「認識」レベルがなくても、認識以前に、十分に意味のある経験は連続的に続いています。・・・その基盤の「意味が全体的に含まれた経験」は根本に、もっとも身近に、絶えずあります。西田は、その「経験自体」を純粋経験と呼んだのです。

「純粋さ」は、単に「いつももっとも身近に、直接的に」という意味です。意味を持たない経験や抽象ではない。
(セミナーより)

2 仮にそれが可能であったとして、なぜそれが至高なるもの、善であると言えるのか
(次回に持ち越しです)

ログはこちら