2008年11月11日火曜日

2008.11.11 池上英子トーク

「アバターはリアルか?パブリック圏としてのセカンドライフ」

キラ研究所ボードメンバーで社会学者の池上英子(Kiremimi Tigerpaw)が、江戸時代に存在した俳諧や文化サークルなどのコミュニティレベルの「ゆるいつながり」を検証し、現代社会におけるヴァーチャル・コミュニティが、その「ゆるいつながり」に匹敵し、既存の秩序をになんらかのインパクトを与えるものに成長していくかもしれないと語った。

参 照: "Avatars Are For Real: Virtual Communities and Public Spheres" および、関連記事Q&Aのログはこちら: Nov 11 2008 ログ.doc