2014年3月12日水曜日

3月18日のキラカフェは

藝術講座23 Art Seminar, comet Morigi
2009110615540494a.jpg
  長岡秀星「太陽神」ジャケット(部分) S.Nagaoka, Earth Wind&Fire “ALL’n ALL” 1976

作品の様式・技法を解析して、影響関係・制作時期を特定できます。 その方法は、言語や遺伝子を比較して、系統を描くことに、似ています。 当講座の場にもなった美術館建築を作例に、建築家のオリジナリティ、鑑賞者の主体性を探ります。 You can identify where/when a work is from, with analysis of its style or techniques. That way is analogous to comparative-linguistics or molecular-phylogenetics. We’ve been having this seminar at the museum architecture, that is an example for what is originality of an architect, what is an appreciator. ・磯崎新のピラミッド ・ポストモダンの破風 AT&Tビル ・誰が作品の帰属を判定するか。 ・原作を知らずに模倣できるか。 ・ブリュッセル万博’58 アトミウム - Arata ISOZAKI’s Pyramids - the Postmodern pediment; AT&T building. - Who attributes a work to someone ? - Can you imitate an original that is unknown for yourself ? - Atomium, Expo‘58 Brussels. 場所が変わりました。キラジャパンで行います。 2月18日(火)午後10時から11時まで。 at KiraJapan, Feb.18 6-7AM SLT Basically in Japanese with some English. You can attend with machine-translation.