2010年11月30日火曜日

2010.12.7 Yo Haiku 哲学入門セミナー

「哲学入門セミナー」8

二人称自己「われわれ」は、一人称の自己が後ろにひき、「自分」と「他者」の境界があいまいで、あたかも「間」が主体であるような「わたし」のありかたを指すようです。

この二人称の立場が、実は一番の根本で、そこから主、客がどちらもできあがるという立場があります。

まったく純粋な第一人称は、ひとりごとの時もなく、客観的事実も立証を経ることで「間」に基づく、そういう立場があります。

次回は、この二人称の世界の根本を現象学的に見てみます。

フルログはこちら→ 2010_12_7_哲学入門8 ログ.doc